ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

新6年 日特について

3月も半ばになり、タイトルに「新」と付けることもあと何回もなさそうですね。

日能研も6年のカリキュラムになって1ヶ月半。

日特について思うことがあります。

タンタンはAクラスなので、アドバンス日特。日特の授業の初めはテストの振り返りです。
どうやら振り返りは30分と決まっているようですが、先週の日特は1コマ目も2コマ目も30分を大幅にオーバーしたとか。

塾が終わってからタンタンの言っていたことを思い出しました。

「振り返りは全部、おれが出来た問題だった。」
「だから日特の問題はあんまりやらなかった。」

これは問題です。

母はモヤモヤしています。

そもそも日特は必要か?

悩んでいたのに。

タンタンだけに授業をしているわけではないので、先生が解説したところがたまたまタンタンが出来ていた、というだけなのですが。

それはわかってます。

しかし、時間をオーバーしてまで出来た問題を確認し、日特に多くの期待を寄せている、類題の演習、過去問へのアプローチが少ないなんて残念でなりません。

日特だって大金払ってますし。

算数なら、別の解き方があるとか、解けた問題でも学ぶことはあるかもですが。

今日も日特があります。

分厚いテキストを持って行くのですから、それを存分に活用していただきたいものです。

あと、育成テストですね。

最近算数が落ち込み気味なのと、社会が難しい範囲です。

さて、どうなることやら。


中学校受験ランキングへ

↑応援クリックお願いします!