ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

1歳3ヶ月☆乳アレルギー負荷試験 入院3日目

ピーちゃん、2日目の夜は夜泣きせずぐっすり眠れました。

牛乳を飲んだので心配で仕方なかったけれど、嘔吐もじんましんもなく朝を迎えました。
ちょっと咳をしてるのが気になりますが。

こっちの不安をよそに、朝から元気いっぱいのピーちゃん。
左手にぐるぐる巻きにされてるものが邪魔で邪魔で煩わしくてたまらない様子。
左手を時々振ってます。

午前の回診で退院の許可が下りて母はルンルン気分なのに、ピーちゃんったらグズグズ。
入院生活に飽き飽きなのか、食事がピーちゃん仕様でないためあんまり食べられずお腹空いてるのか。

そのうちパパがお迎えに来て、少し機嫌が良くなったけど、退院の為に荷物を整理できるほどは良くならず。

看護師さんが時々具合を聞きに来たり聴診器をあてに来たりするけど、もうダメ。
看護師さんの顔を見るだけで大泣き。

困ったものです。

点滴スタンドを押して廊下を散歩したり気分転換をはかりながら点滴が抜去されるのを待ちました。

10時くらいかな?ついに点滴が抜かれました。
たった3日間だけど包帯でぐるぐる巻きにされていた左手からはプヮーンと嫌な香りが…(°▽°)
絆創膏を剥がした時のあの臭い!

ちょっと手を拭いた程度では落ちない(>_<)
ピーちゃんが動くたびに「臭っ!」と笑いながら叫ぶ母とパパ。

こうして無事退院してきたピーちゃん。

乳製品の解除が進むことは間違いないけど、
詳しい結果は来月の受診の時になります。

この日は実はタンタンの授業参観でもあり、ピーちゃんはパパとお家で留守番してもらい、急いで学校へ向かった母。

久々にタンタンの元気な姿を見せてもらいました。


2016年4月~17年3月生ランキングへ

↑お見舞いがてらクリックしていただけると嬉しいです!