ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 面談(4月)

長男タンタンは日能研に通う6年生です。

もうカレンダーは5月ですが、4月の終わりに塾の面談をしてきました。

5年生の時に特定の子からちょっかいのターゲットになってから室長が面談してくれてまして。
Mクラスでもないのにありがとうございます。

ちなみにその特定の子はクラス落ちしてから上がって来る気配もなく、落ち着いて塾生活を送れています。

あぁ、交流関係はどうでもいいですね。

面談。

6年のカリキュラムになってからの育成テストと公開模試の成績を広げ、昨年度との比較から始まりました。

タンタンは5年の冬期講習明けからグングン伸びたので、5年の平均評価や偏差値は驚くほど低い。
いや、6年になってそんなに経っていないので驚きはしないけど。

数字で並べてみると大幅に違います。
特に公開模試は顕著。
どの科目も平均で5程度偏差値アップ。
国語は10も上がってます。

目に見える変化は正答率にも現れています。
以前のタンタンは、正答率の高い問題をいくつも落とし、低い問題でもポコポコ正解するというひっちゃかめっちゃか型。
ところがやはりここに来てほぼ正答率通りの展開になってきました。

そしてここ数回は成績の乱高下も少なくなっています。

室長、褒める褒める。

「まだ幼さは残る」とは何度も言っていましたが、授業態度、発言、ともに1年前とは見違えると。

心の成長は大きいだろうとも。
だから、国語もかなり低い位置で安定していたのが、あっという間に10も偏差値が伸びて、そこで安定してる。

タンタン本人はどうしたらMクラスに上がれるのか聞いてほしいと言っていたので、恥ずかしながら質問。

室長曰く、その質問が出ること自体が成長だと。

今はAクラスで基礎を固めて、知識の引き出しを増やす。
数字的には今の偏差値をキープすること。
目安は7月まで。
そして夏に蓄えてきたそれらを爆発させる。

というのが理想的な感じらしい。

つまり今は我慢の時。
ここから数字が伸びずモヤモヤしても我慢。
今のスケジュールの回し方、やり方が合ってるのだから、成績が伸びない、又は落ちてきたからといってやり方を変えない。

タンタンは典型的な男の子パターンかもしれない。
夏で大躍進するかもしれない。
その期待は持てる。

その一方で

ここがピークで、これ以上伸びなかったり落ちて行くばかりの場合も頭の片隅には置いておくように、とも念を押されました。

R4の一覧を参照し、希望の学校に印をつけながら今後の展開を話していても、5年の時の面談では「今は難しい」と言われていたのに、全く同じ学校であるにもかかわらず「十分狙える」「可能性は大いにある」と言ってもらえました。

もちろん気は抜けないし、だから大丈夫なんてことはないんだけれど、正直嬉しいし、タンタンにも伝えて励みにして欲しいと思います。

今は目先のことを一生懸命やったんでいい。
積み上がった引き出しから上手く取り出す方法は秋以降訓練するから。

母は室長を信じます。
母にできるフォローをやります。

今ある目先のことは、5月6日の公開模試。

GW→× ゴールデンウイーク
→○ ガリ勉ウイーク

塾からの宿題もそこそこ出ていますが、タンタンに必要なことを考えてちょっとずつ、ガリ勉ウイークと言いつつ、小学生らしいことも取り入れて、頑張ってみようと思います。

ねぇ?
タンタン?

聞いてるの⁉︎


中学校受験ランキングへ

↑応援よろしくお願いします!