ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 家庭訪問

先日、タンタンの学校の先生が我が家にお見えになりました。

いわゆる家庭訪問ってやつ。

1年を通して我が家が一番綺麗になる時でもあります。

タンタンは毎年先生が来るのを心待ちにしていて、もちろん今年も玄関までお出迎え。
先生のお飲み物を用意してくれ、それから母の隣に着席。一緒に話を聞きます。

おそらくどのご家庭でもするであろう、自宅での過ごし方や学校での様子、修学旅行へ向けての心配事などのお話を滞りなく済ませ、

いよいよ中学受験の話をしました。

塾の先生には、担任の先生によって意地悪されたりなどあるから、その人柄をみて受験の話は慎重に切り出すように、と言われていました。

授業参観で探りを入れ、実際マンツーマンで話してみて、母は伝えても大丈夫と判断。

実際、協力的な先生で、ご理解いただきました。

ひとまず、

あぁ良かった。

ホッと一安心ってやつですね。

先生のことも持ち上げておきました。
事実、タンタンは先生のやり方に上手く乗せられて、学校での学習や宿題も丁寧に取り組んでます。
先生のやり方が上手なんですね!

最後にお茶菓子を手渡すのを忘れて慌てて渡しに追いかけた、なんてお茶目な母も見せる羽目になりましたが。

和やかムードで家庭訪問を終えました。

ちなみに我が家には時間通りに来ていただいたのに、予定時間をオーバーしてしまいました。

次の方に申し訳なかったですね。


中学校受験ランキングへ

↑ぜひ応援してください!とても励みになります!