ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 発熱→塾から電話→早退

タンタンは中学受験を目指し、日能研に通う6年生です。

日能研では、毎週日曜日はテストと日特が行われます。

タンタンはAクラスなので、午前中がテストで、お弁当を食べて、午後が日特、というスケジュール。

昨日の朝もいつも通り起きて、いつもの電車に乗って塾へ行きました。

今週のテスト範囲は、
国語は随筆&慣用句、算数は売買、社会は室町時代、理科は音。

全体的にタンタンの得意分野。
そこそこ自身を持って臨みました。

いや、臨んだはずです。

ところが、お昼過ぎ。
塾から電話。

「2度熱を計ったのですが、どちらも39度程あります。」
「帰宅させますがよろしいでしょうか?」

ええ!
熱⁇

帰宅は構わないけど、そんなに熱があったなんて気づかなかった!

本人に変わってもらい、電車には乗れると言うので、自宅の最寄り駅まで迎えに行きました。

帰りながら、いつから?と尋ねると、
「塾についたら急に。」
「初めは超咳が出て、気持ち悪くなって、今は頭が痛い。」

それから
「テストは社会は出来たと思う。算数は基礎で2問も間違えた。多分計算ミス。」
と、テストについても言ってました。

つまり最初から具合が悪かったけれど、とにかくテストだけは頑張ったらしい。

母は
「いい経験だね。入試当日だって熱が出る可能性があるんだから。それでも1点を取ることが大事になるんだし。当日は計算ミスなんてしてられないよぉ〜!」
と、労をねぎらいつつもお茶目に注意してやりました。

そして夕飯まで爆睡。
夜も38度。
宿題もせずに東大脳?だったか、何かのテレビを真剣に見てました。

今日は学校を休み、今も38度。
寝たり起きたり。
塾の勉強?
手付かずです。

昨日のテスト結果、まだアップされてないかな?
明日は学校行けるかな?
塾はどうするかな?

もうすぐ修学旅行だし、無理はさせたくないからなぁ。


中学校受験ランキングへ

↑今度はタンタンのお見舞いがてら、クリックしてくださると嬉しいです!