ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

1歳5ヶ月☆乳アレルギー解除、その2

ピーちゃんには離乳食の頃に発覚した乳アレルギーがあります。

その解除のお話第2弾。

ついに市販のパンを食べさせてみました。
いわゆるポケモンパンってやつ。
母はポケモン大好きで、中に入っているデコキャラシールを集めているほどです♡

それはさておき。

実はピーちゃんが乳アレルギーになる前まで、スーパーのパン売り場にある大手パンメーカーのパンのほぼ全てに乳成分が含まれてるなんて知りませんでした。

食パンとか。
今ではどれにでも乳成分が入ってる、って思ってますけど、あの時は衝撃的で、パン売り場のパン全ての商品をチェックしました。

それをついに、そう、ついに!
ピーちゃんに食べさせたのです!

初めての舌触り、食感に少々戸惑いながらも、流石は子ども向けの商品。甘くて美味しいことがわかるとパクパク食べていました。

その後、しばらく経ってから咳き込み始め、オエッとなりそうな勢い。しかし吐かない。

その日は保育参観の日。そのまま保育園へ。一応、市販のパンを食べさせていることは伝えておきました。

参観に訪れた時、「少し前に痰のようなものを吐いた」と先生より報告がありました。しかし痰の絡んだ咳だったので、勢いで痰が出た、と先生は捉えたようでした。
参観が始まってすぐにオエッとなりそうな咳き込みがあり、同様と思われる痰が吐き出されました。確かに、アレルギー発覚時のような激しい嘔吐とは違っていて、これはアレルギー反応なのか、疑わしい。

でも、参観終了後、連れて帰っても、ずっと咳は続いていたし、何より不機嫌。
食欲はあったけど、落ち着いて遊んでいられない。

とうとう夜になって、吐きました。髪の毛から洋服、そしてそこらじゅうを汚すほどの嘔吐。
我が家では「全吐き」と呼んでいるものです。

ずっと気持ち悪かったんだよね、ピーちゃん。
まだ市販のパンは早かったかな。

しかしこれでスッキリしないのがアレルギーの可哀想なところ。
夜中も1回、痰のようなものを吐きました。もう胃の中には何もないからね。

翌日は咳はほとんど出ず。
あー良かった、落ち着いた、と思っていましたが、前日に吐きたくても吐けなかった分が今度は下痢便となって現れて…。

お昼頃までピーちゃんのウンチがピーピーに…m(。≧Д≦。)mスマーン!!

可哀想なことしちゃったなぁ。

「1日3ml程度の牛乳を週2日程度」
これがピーちゃんの乳成分解除。

牛乳そのものをあげたわけじゃないし、もうパンくらいならあげてもいいって思ってたんだけど。

おやつや、その他の調味料などで摂取する機会が増えれば、感作される状態が続いていることになるから、やはり摂取するにしても、連続で与えない、とか考えなければならないのかもしれない。

体を慣れさせた方がいい。
そういうけれど、実際のところ、吐いたり下痢が続けば苦しいのはピーちゃんだし、そこまでして慣れさせる必要があるのかもわからない。

パンの1件があってから、再び乳成分は完全除去しています。

今度与えるのはいつがいいのか。
ピーちゃんの体調が良いこと、父や母が不在でないこと、病院がやっていることを条件にすると、なかなかピタリと合うことが難しい。

ホントに悩みは尽きません。


2016年4月~17年3月生ランキング

↑悩める母をどうか応援してください!