ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

1歳7ヶ月☆1歳6ヶ月健診

先日、自治体が主催の1歳6ヶ月健診に行ってきました。

低体重で生まれたピーちゃんですが、ぱっと見は他の子たちと変わらない感じ。

でも、大変だった!

ピーちゃんの順番が来て、保健師さんと面接。
ただならぬ雰囲気に不機嫌になるピーちゃん。
事前に記入した問診票のようなものを元に話が進みますが、穏やかではいられぬピーちゃん。

ちなみに積み木は初めてでしたが、保健師さんが1つ積んだのを見て、次々に積む事が出来ました。そこからは機嫌も良くなり、母の隣で大人しく積み木遊び。

出来ないのは、絵を見て犬を指すこと、保健師さんが「ちょうだい」と言って出した手に積み木を渡すこと、あと言葉。
それらは保健師さんに伝えたり、実際に試したりしました。

保健師さん曰く、まだこれからですよ。とのことなので、それらはまだ様子見でいいのかな?

次に身体測定。
みんな泣いてたけど、体重計のカゴから出ようと泣いて泣いて泣きまくって大暴れしてるのはピーちゃんくらいなものでした…とほほ。
やっと計れた体重は8.96kg。母が見てる限り、10kg超えの子たちが多かったかな。
もちろん身長、胴囲なども計測しましたが、ギャン泣き大暴れ。

やっと落ち着いたかと思ったら次は医師の診察。
心音とかは問題ないみたいだけど、歩行は全くやらず。自力で立つ気もない。ママを求めてただただ泣いていました。

さらに歯科検診。
もちろん大泣きですが、ピーちゃんは生えてる本数が少ないので、すぐに終わりました。カウントされたのは上の前歯4本、下の前歯4本。奥歯がチョッピリ顔を出してるけど、それは生えたとは言わないのか、カウントせず。虫歯なし、キレイ、と言われ安心☆

ようやくひと息ついて、診察や計測を元に再び保健師さんと面談。
ところがその保健師さんが知り合いだったもので、世間話を多く含み、大した話はせずに終わってしまいました。身長、体重は標準の範囲に入ってることだけは確認できました。

次はブラッシング指導です。これも泣いてましたが、もはや疲れてきたのか、最初の激しさはないピーちゃん。生えてるのは前歯だけなので、こちらも他の子より早く終了。

最後はお楽しみのおやつ。
試食が用意されていて、手を洗っていただきました。
ピーちゃんは乳アレルギーなので、チーズ無しの「芋もち」とやらを。母の分ももらえて食べてみたけど、正直美味しいものではありませんでした。もしかしてチーズ入りは風味が増して美味しかったのか?わからないけど、微かに醤油が香るくらいで、ホントに味がしなかった。

これでようやく1歳6ヶ月健診が終了。
あー、疲れた。


2016年4月~17年3月生ランキング

↑この応援が励みになります。