ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 1月 入試初戦の感想

入試結果ではなく感想です。

中学受験って我が家では初。
2月の受験に向けて、ちょっとだけ綴ります。

まず気持ちの面。
本人の顔はのほほんとしていましたが、緊張してたみたい。
先生達の門での激励が逆に焦りになったかな。多分、想像以上で。
自分の校舎の先生、異動してしまった先生、担当じゃないけどユリウスの先生。知ってる先生方がたくさんいてそれは嬉しかっただろうけど、ちょうど成長の過渡期に差し掛かったタンタンには気恥ずかしかったね。
タンタンは「めんどくさい」と感じるほど日能研の先生がいた、と話していて、「スルーしていく人が羨ましかった」みたいなことも言ってました。

それを聞いて母は言ってやりましたよ!
「でも逆にそのスルーしていく人から見たら、大勢の人と次々に握手している人が羨ましいんじゃない?」
「自分が家庭教師とかのみでここまで来たら、あの行列、羨ましくない?」
とね。

タンタン納得。
しかし緊張のほぐれぬまま入室。

役立ったのはダンボール片。
実際、「めっちゃガタついた」らしくタンタンはダンボール片を挟んで対応したらしい。
持っていけば良かったのは膝掛けとか座布団。長い時間待ってなきゃだからね。あとモバイルバッテリーもあるといい。書いてあるけどね、日能研からもらったリストに。

結果発表は期待少し、不安は大きく、本人は見たがりませんでした。

実はタンタン、本番に弱いタイプ。
なので2月に向けて調子を上げていく目的で、1月受験の数をそこそこ組んでいます。上位校から安全校までね。

さてすでに2戦目も終わってますが、結果報告は1月が終わった時点で、にしようかな。



中学校受験ランキング

中学受験真っ只中。頑張れ受験生!応援お願いします!