ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

中学受験振り返り ピアノ編

タンタンはピアノ男子。
受験生になっても、1月になっても辞めることはありませんでした。

後悔はありません。男の子でピアノが弾ける、という少数派であることに優越感があるため、タンタンにとってとてもプラスになるものでした。

振り返れば
学校で伴奏したい、そう思っていたタンタンは中学受験を志した頃にはある決意をしました。

「最初の伴奏オーディションに絶対合格すること」
です。

それは4年生の頃のこと。
初めにアイツは弾ける、と印象付けることが目的でした。
そしてそれは達成。

印象付けに成功したので、次は
「5年生のうちに弾きたい伴奏曲はやっておく!」
という目標。

6年生になると伴奏を引き受けている場合ではない、そう思ってのことです。
5年生でたくさん弾くために、4年生での印象付け。大成功です。
「友だち」「ビリーブ」「威風堂々」「大空を迎える朝」など、全校で歌うもの、演奏するもの、卒業式を含めて伴奏を複数弾くことができました。

塾の宿題の量も多くなり、大変でしたがね。5年生の終盤に成績は伸び、問題ありませんでした。

6年生になると伴奏は控えてきましたが秋にクラスのみんなから推薦され、その1曲は引き受けました。習い事としてのピアノのレッスンは休むことはありませんでしたね。夏期講習中は日曜日に変更してもらったり。

秋の伴奏を終えた頃、立教池袋中学の入試に流行りのAO入試でしょうか?学科の他に自己アピールというものがある事を今更知ります。ピアノでもいいらしい、その事で急に立教池袋を受けたいと言うタンタン。第1、第2志望の学校の勉強をしつつ、ピアノの練習もする羽目に!結局、立教池袋は残念でしたが、本人は満足気でした。

そして、中学受験終了後、卒業式の歌の伴奏オーディションに向けて練習を始めましたが、それも残念な結果になってしまいました。オーディションに不合格だったことが初めてだったので、ピアノの先生がちょっと興奮気味でしたね(笑笑)。

中学受験と習い事に関しては色々な意見があると思いますが、我が家ではピアノを辞めず、終了後の今も現在進行形です。コンクールや発表会は控える必要があるかな、と思いますが日頃の練習が気分転換になり、逃げ道にもなりました。

勉強のことだけを見て頑張れば、第1志望校に合格できたか?

否。

強がりではありません。
タンタンはズルしたりボンヤリしたり、そういう子ですから、ピアノがなくても変わらない。また、「ピアノが弾ける」というステータスで自身を認め、受験が少数派である学校内でも気張れた。勉強バカにならずに済んだ。
お子様の性格にもよるでしょうね。習い事を続けるかは。親御さんの見極めが大事ですね。

「中学にも伴奏の機会があるかな?」

すでにタンタンはそんなことを言ってます。
何度でも伝えます!結果的に、ピアノは辞めなくてよかった。本人も親も、後悔はしていません。


中学校受験ランキング