ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

期待してしまう繰り上げの連絡

6年生の皆さま、保護者さま、中学受験おつかれ様でした。

今年もこの時期が終わったんだなぁ、と去年のことを遠い昔のように思い出しました。

タンタンは持ち偏差値よりもずっと高い学校を目指して入試に挑み、結局は埼玉入試を含めて持ち偏差値通りの学校3校から合格をいただいたカタチです。

それでも、もしかしてもしかして繰り上げの連絡が来るのではないかと、待ち侘びたものです。
仕事をしていてもスマホをすぐ側に置いて。
もちろん1度も鳴ることはなかったわけですが。

親子で全力で駆け抜けて来た3年間ですからね。
期待はしてしまいますよね。

しかし、後ろを振り返ってばかりではいられません。
入学をする予定の学校の登校日、制服採寸、宿題、口座振替の手続き、たくさんの書類…。やることはたーくさんあります。

今でも、本当はこの駅で降りてあの学校に通えていたら、なんて思うことはあります。

でもそこまで引きずってないですよ。
まず、小学校の友達、先生にはどこの学校を受けるのか、一切言わなかったことが大きいです。書類を書いてもらわなければならない学校のみ、先生は知っていたと思います。

埼玉入試が終わった時点で、受かった学校もあるよ、という程度の発信はしました。
東京入試が始まり、2月5日まで受験は続きましたが、何校受けて、どこに合格して、どこが落ちて、どこへ進学するのか、タンタンのお友達は全く知らなかったはずです。塾の友達は多少は知っていたと思いますが。小学校の先生が知っているのは進学先の中学のことのみ、ですね。

私たち親もママ友、パパ友、同僚、ご近所へ全く言わなかったわけです。

だから第1志望校ではない学校へ行くことになっても、周囲の目を気にする必要がなかった、それは本当に大きいと感じました。

来年以降受験される方には、黙っている、という事をお勧めします。
授業参観、6年生を送る会や卒業式など、保護者の方々と会う機会はそこそこあるんですけど、いつでも言葉を濁して笑顔で内緒を貫き通します。

それは子どもだけでなく、親である私たちを守るために。

聞いてくるお家は大抵、中学受験とは縁のないご家庭。学校名を言ったところでよく知らないのですから。
受験するお家はピリピリした時期に無神経に聞いてくることはなかったけれど、その場合も笑顔で立ち去るのが吉。かな。

なんだかタイトルと話題が逸れてしまいました。

今日は2月17日。もうそろそろ繰り上げの連絡は可能性が低いですよね。
可能性がないわけじゃないけれど、それでも、合格をいただいた学校の良いところをたくさん見つけて、楽しめるように切り替える時期なのかなぁと思います。


中学校受験ランキング