ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

中2 コロナ渦での中間テスト

タンタンは私立中高一貫校に通う中学2年男子です。

新型コロナウイルスのせいで長いこと学校へ通わずいましたが6月は3回だけ登校日がありました。
その中で中間テストとは言わないが、それに準ずると思われるテストが行われまして。

モートラーニングの成果を出す、いやいや、サボってばかりだったのがバレる、かな?

英語は母の得意分野であり、ちょいちょい見てあげていたのでそこそこ高得点、地理もめんどくさそうだったのでテスト前には見てあげて高得点。
歴史は本人が得意だと言っていたので放ったらかして6割。

あとは酷い点で報告できないのか…不明。

現在は毎日通い、午前3時限、午後3時限で学んでいますが、また最近感染拡大とか報道されていてちょっと嫌ですね。
何が嫌って電車が嫌。不衛生っぽいから。でも学校へは通ってもらいたい。
じゃ近場の公立にすれば良かったって?
それも嫌。

私立の学習の進め方は好き。
だからリモートラーニングと通学のハイブリッド型希望!

そして中学受験を控える方には、こういう時、電車やバスに子どもを乗せて通わせることも想像してもらえれば、と思います。
モートラーニングがスムーズにできるのも私立校のメリットですが、遠方になるってことは公共交通機関必須です。

中間テストもリモートラーニング中みたいにオンラインでやる学校もあったとか。

ICTって見学の時には目に見えないし、ついつい、体育館やグラウンド、部活関係の設備ばかりに気が取られてしまいますが、受験校を選ぶ際にはやはり気にするべきですね。

リモート中にも学習支援があって、それからテストに臨めるとベストですが、そこまではどうかな。
タンタンの学校は個別でチャットだか何かで対応してもらえたらしいですね。

さて、次は今迎えてる新学期とすぐ行われる期末テストのことを綴れたらと思います。



中学校受験ランキング