ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

中1 外出できないストレス

タンタンは私立中高一貫校に通う中1男子です。

しかし新型コロナの影響で休校中。
学校からの課題は出ているものの、1日中勉強するなんて中学受験生みたいなことはやるはずもありません。

朝は7時に起こし、朝食を食べさせ、あとはフリータイム。テレビを見てゲームしてゴロゴロして、気が向いたら勉強して、夜はピアノを弾いて。
遊びに行くこともダメ、友達と会うのもダメ、朝の短い時間、あとは夕方以降、親と3歳児のピーちゃんとのみ関わるだけ。
夏休みのように部活があるわけでもない。

タンタンは怠惰なヤツですが、真面目でもあります。
コロナを心配しているとは言い切れないけど、学校からダメと言われたことはちゃんと守っています。

これまで早朝から電車に乗り通学し、学び、友達とはしゃぎ、ガッツリ部活までやっていた少年にはストレスが溜まります。お年寄りは地域の集まりやら、最近では品切れになると聞きつけた物を買うために奔走しているのに。

そして免疫力が落ちたタンタン。
数日前に耳の後ろが大きく腫れました。
すぐ近くの首には発疹を確認。翌日は体調不良時には感じない頭痛がする、と訴え。さらに翌日、頭部にも発疹を確認。
発熱なし。


予測はしていましたが、通院したところ
帯状疱疹でした。
これまでにないほどの複数種類の薬を処方されました。

もちろん学校にも報告。メールでですけど。
あとで担任から電話がかかってきました。

一部では学校が再開される地域もあるとか。
東京は難しいでしょうね。

それでも、補講という形でもいい、2時間だけグラウンドやコートを解放するという形でもいい、週2回でもいい、形なんてなんでもいいから「来てもいいよ」くらいの感じでできたら、たまには行かせたい。

感染拡大防止はわかる。マスクも手洗いもさせる。

でもタンタンみたいなヤツはストレス溜まるんです。
友達とくだらない話で盛り上がりことも、部活で体を動かすことも必要なんだとわかりました。みっちりやらなくてもいいから、ストレス解消程度に、心身の健康の為に、ちょっと外に出してやりたい。

ストレスのせいで帯状疱疹になったとは言い切れないけれど、他に変わったことがない以上、そう考えざるを得ない。

担任は
「外で縄跳びとかやったら?」
だって。

1人で縄跳びしてる中学生、なかなかいないよ、先生。


中学校受験ランキング

咳喘息?

3歳のピーちゃんは花粉症です。
一昨年の血液検査でもはっきりと数値に現れています。

ザイザルシロップを毎日飲んでいますが、咳も出始めました。
夜もぐっすり眠れないので、通院。
発熱もなく、風邪というよりは季節性の咳、と去年も言われましたが、今年も同様でした。

喘息の時によく処方されるシングレア(処方されたのはジェネリックと思われる方)、と貼り薬が出ました。あと目薬も。

薬が効いたし、
やっぱり咳喘息なのかなぁ。
今は夜はぐっすり眠れています。

新型コロナの話題で持ちきりの今、咳をするとコロナかも、とか思うけど、こういう人もいるし疑ってばかりは良くないですよね。
私も実はこの時期からヒノキ花粉が終わるまでは喘息のような症状が続きます。

そろそろRSウィルスも出るし、小児科の世界では溶連菌も流行してると聞きました。
コロナのことばかり報道するのではなく、合わせてほかの感染症についてや喘息についても報道してくれたら、目の色変えて責めたりする人も減るかなぁ、と思ったり。
不要なトラブルは避けたいですよね。

ピーちゃんは毎日こども園に通っていますが、先生には花粉症のこと、季節性の咳のことはちゃんと伝えてあります。

テレビで、花粉症です、喘息です、この咳はうつりません、という内容のバッジが売れてる、と見ましたが、それもトラブルを避けるためにはアリなのかな。
自分から疾患をアピールするのは微妙ですが。

それにしても
大変な世の中になったなぁ。


2016年4月~17年3月生ランキング

中1 伴奏で締めくくる

新型コロナ対策、急な発表でしたね。
すでに私立中高一貫校であるタンタンの学校でも休校、期末無しが発表されていますが、子どもたちの行動を制限して、お年寄りが早朝から並んでマスクやらペーパー類を買う光景を見ると、ため息が出てしまいます。

さて、

これほど騒ぎが大きくなる前に、タンタンの学校ではそこそこの大きさのホールでイベントがありました。
3月にも行事がある予定でしたが中止になり、これが1年生の締めくくりになった結果です。

そこでタンタンはピアノ伴奏をすることができました!
少し緊張したのか、始めの方で音が走りましたが、2番で落ち着きを取り戻して気持ちよく弾いていました。
入賞はできなかったけれど、近くに座っていた保護者の方が「あの子、〇〇部なんだよ。ピアノまで弾けるなんてすごいね!」なんてタンタンと同じ部と思われる人の声が聞こえてきて嬉しくなるバカ親。

バカ親?はい、私です。
嬉しくなるのは小学校の頃からそうですよ。
「男の子で弾けるなんてカッコいい!」
とかね。

でも演奏が始まる時はいつでも親の方が緊張してるんじゃないかっていうくらい緊張します。

でもそういうのがたまらないですよね。
緊張したり、終わった時の脱力感に近い達成感。

ピアノをお稽古ごととして選ぶ親御さんも多いでしょう。
継続した練習が必要であり、中学受験との両立には確かに向かないものの1つかもしれないけれど、タンタンは違いました。

コンクールに出て賞を取るようなピアニスト気質ではないし、器用なタイプでもないけれど、6年生になってもレッスンはお休みしなかった。
むしろ、ピアノという逃げ道を作って乗り切りました。

今でも、テスト前になると練習時間が増え、一生懸命弾きます(笑笑)。

今回はテストがなくなってしまったのでピアノの練習時間は変わらないかなぁ。

タンタンの学校にも良く弾ける人がいるので、来年も伴奏できるかわからないけど、また弾けるように頑張りましょう!


中学校受験ランキング

ディズニーランド断念

ピーちゃんは先週辺りにディズニーランドデビューをする予定でした。

3歳になったばかりなので、1日ウロウロするのは大変でしょうからバギー持参、ディズニーランドホテルにお泊り予定で。
寒くないようにダッフィーの着ぐるみも。

しかし、新型コロナウィルスが話題になっていたのでお断りしました。
駅も電車もパーク内も心配で。

一緒に行ってくれるはずだったおばあちゃんは残念そうでしたが、ピーちゃんみたいにアレルギーがあると、仮に入院なんてしたら食べ物に困ります。
何より、肺炎なんて苦しい思いは絶対にしてほしくないし。

ピーちゃんは行けなかったけど、心優しいおばあちゃん、お土産を買ってきてくれました。

ハートの風船、ハートのポシェット、可愛いクッキーアン!
ピーちゃんは大喜びです。
毎日フラッグと風船を振り回し、用もないのに空っぽのポシェットを提げ、ジェラトーニやステラ・ルーたちとクッキーアンを遊ばせています。

もしかしてもう品切れのものもあるのかな?

おばあちゃん、ありがとうございます!


2016年4月~17年3月生ランキング

期待してしまう繰り上げの連絡

6年生の皆さま、保護者さま、中学受験おつかれ様でした。

今年もこの時期が終わったんだなぁ、と去年のことを遠い昔のように思い出しました。

タンタンは持ち偏差値よりもずっと高い学校を目指して入試に挑み、結局は埼玉入試を含めて持ち偏差値通りの学校3校から合格をいただいたカタチです。

それでも、もしかしてもしかして繰り上げの連絡が来るのではないかと、待ち侘びたものです。
仕事をしていてもスマホをすぐ側に置いて。
もちろん1度も鳴ることはなかったわけですが。

親子で全力で駆け抜けて来た3年間ですからね。
期待はしてしまいますよね。

しかし、後ろを振り返ってばかりではいられません。
入学をする予定の学校の登校日、制服採寸、宿題、口座振替の手続き、たくさんの書類…。やることはたーくさんあります。

今でも、本当はこの駅で降りてあの学校に通えていたら、なんて思うことはあります。

でもそこまで引きずってないですよ。
まず、小学校の友達、先生にはどこの学校を受けるのか、一切言わなかったことが大きいです。書類を書いてもらわなければならない学校のみ、先生は知っていたと思います。

埼玉入試が終わった時点で、受かった学校もあるよ、という程度の発信はしました。
東京入試が始まり、2月5日まで受験は続きましたが、何校受けて、どこに合格して、どこが落ちて、どこへ進学するのか、タンタンのお友達は全く知らなかったはずです。塾の友達は多少は知っていたと思いますが。小学校の先生が知っているのは進学先の中学のことのみ、ですね。

私たち親もママ友、パパ友、同僚、ご近所へ全く言わなかったわけです。

だから第1志望校ではない学校へ行くことになっても、周囲の目を気にする必要がなかった、それは本当に大きいと感じました。

来年以降受験される方には、黙っている、という事をお勧めします。
授業参観、6年生を送る会や卒業式など、保護者の方々と会う機会はそこそこあるんですけど、いつでも言葉を濁して笑顔で内緒を貫き通します。

それは子どもだけでなく、親である私たちを守るために。

聞いてくるお家は大抵、中学受験とは縁のないご家庭。学校名を言ったところでよく知らないのですから。
受験するお家はピリピリした時期に無神経に聞いてくることはなかったけれど、その場合も笑顔で立ち去るのが吉。かな。

なんだかタイトルと話題が逸れてしまいました。

今日は2月17日。もうそろそろ繰り上げの連絡は可能性が低いですよね。
可能性がないわけじゃないけれど、それでも、合格をいただいた学校の良いところをたくさん見つけて、楽しめるように切り替える時期なのかなぁと思います。


中学校受験ランキング

3歳0ヵ月☆運動面

ピーちゃんは運動面での遅れも指摘されています。

走ることはできます。でもそれは「横断歩道を渡っていたら点滅し始めちゃったから小走りになる」程度の走り。
かけっこの走りはできません。

両足ジャンプもできますが、できないこともあります。高さは低いし、縄跳びみたいに、タイミングよく跳ぶことはできません。

前転もそこそこできます。横にグネン、と倒れてしまうこともあるし、美しくはないけれど。しかも最後まで上体は起こせなくて、ドタン!という感じ。しかし恐れずグルンと回ってます。

ブリッジ風のこともできます。頭が地面に付いてるけど、本人はできてる気満々で嬉しそう。
片足立ちもそこそこできます。1、2秒といったところでしょうか。
階段は1段1段があまり高くなければ手すりなしでも上り下りできます。自宅のような1段が高いものは不安定で手すりが必要。まだ体も小さいし、そこはあまり心配していませんね。

指を順序よく折ることが苦手でしたが、少しずつできてきました。2と3は特に難しいみたい。カメラを向けて「ポーズ」と言うと、ピースサインするようになりました!

あと大事な服の着脱。脱ぐ方が苦手。特に上半身。教えようにも、人の話は聞かないし、理解が難しくて自己流。だからできない。ボタンもチャックもお手伝いが必要だし、4月から年少さんなんだけど、心配です。

手の爪は、ピーちゃんが起きてる時に切れるようになりました!足の爪は切ろうとすると引っ込めちゃってダメなことの方が多いです。
歯磨きは自分ではほとんど磨けません。ブラシをくわえる、噛む、わずかに動かす、のみ。仕上げ磨きは最近急に嫌がるようになってしまいました。困ったな。

箸は全くだめ。本人はやる気になってますが、反対の手で食材を支えて口に入れるのでベトベト…。

トイレは一時期ちょっと良かったんだけど、今は行く事を嫌がることも多く、失敗が目立ちます。出ちゃっても教えなくなりました。
しかも嫌がり方が強くなってしまって…。これも困ってます。


ざっとこんな感じですね。
次は保育園での様子でも綴ります。


2016年4月~17年3月生ランキング

中1 1年後の2月1日

1年前の今日。
親である母はドキドキしていました。
午前は本命校、午後も受けた。

並んだ塾の先生の応援。タンタンは日能研だったのでどこの学校へ行っても必ず応援があり、握手していました。

試験が始まれば何もできない。
終了5分前だな、とか、
諦めるな、閃け!とか、
祈ることしかできなかったあの時間。
あの緊張感は忘れられない。

あれからもう1年か。

本命校残念で、滑り止め校へ通っていますが、本人は楽しそうです。
うざいクラスメイトもいるし、贔屓ばかりの先生もいる。
でも気の許せる友達が何人もいて、2月1日からの入試休みを満喫しています。

新型コロナウイルスが心配されますが、元気余りある中学生男子を止めることはできません。
今日も日本の首都で映画を観たり、おそらくマック辺りで食事して、スマホいじってブラブラしていることでしょう。

タンタンは2月5日まで戦いました。
この、たった数日の為に幼い小学生が何年も前から塾に通い、観たいテレビもゲームも我慢して、放課後友達と遊ぶことも制限してきたのです。

全力を出し切って欲しい。
親が願うのはそれに尽きると思います。

ミスばかりだったタンタンも当日は研ぎ澄まされました。
それでも1番行きたかった学校へは行けなかったわけだけど。

大丈夫。

1年後は楽しい楽しい受験休み。
学校からの課題は早々に終わらせ、タンタンは楽しんでますよ。
部活もできないから、仲良し部活仲間とは連絡を取り合い、学校以外の場所でやる模様。

2月は休みがいっぱいで嬉しいなぁなんて浮かれてます。

頑張れ中学受験生。
と、その親御さん。

今日で決まればそれで良し。
5日まで戦うのは親も辛いがそれも1年後には思い出に変わります。

タンタンみたいな人ばかりではないかとも思いますが、いっぱいいるよね?そういう人。
現にタンタンのお友達はみんなそうですよ。
るんるんで休みを満喫!

1年後は多分、こんな感じですよ〜。


中学校受験ランキング