ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 1月 入試初戦の感想

入試結果ではなく感想です。

中学受験って我が家では初。
2月の受験に向けて、ちょっとだけ綴ります。

まず気持ちの面。
本人の顔はのほほんとしていましたが、緊張してたみたい。
先生達の門での激励が逆に焦りになったかな。多分、想像以上で。
自分の校舎の先生、異動してしまった先生、担当じゃないけどユリウスの先生。知ってる先生方がたくさんいてそれは嬉しかっただろうけど、ちょうど成長の過渡期に差し掛かったタンタンには気恥ずかしかったね。
タンタンは「めんどくさい」と感じるほど日能研の先生がいた、と話していて、「スルーしていく人が羨ましかった」みたいなことも言ってました。

それを聞いて母は言ってやりましたよ!
「でも逆にそのスルーしていく人から見たら、大勢の人と次々に握手している人が羨ましいんじゃない?」
「自分が家庭教師とかのみでここまで来たら、あの行列、羨ましくない?」
とね。

タンタン納得。
しかし緊張のほぐれぬまま入室。

役立ったのはダンボール片。
実際、「めっちゃガタついた」らしくタンタンはダンボール片を挟んで対応したらしい。
持っていけば良かったのは膝掛けとか座布団。長い時間待ってなきゃだからね。あとモバイルバッテリーもあるといい。書いてあるけどね、日能研からもらったリストに。

結果発表は期待少し、不安は大きく、本人は見たがりませんでした。

実はタンタン、本番に弱いタイプ。
なので2月に向けて調子を上げていく目的で、1月受験の数をそこそこ組んでいます。上位校から安全校までね。

さてすでに2戦目も終わってますが、結果報告は1月が終わった時点で、にしようかな。



中学校受験ランキング

中学受験真っ只中。頑張れ受験生!応援お願いします!

6年 1月 追い込み?

もう明日が初戦。
今更ながら追い込みのタンタン。
というか、追い込みってなんだ?
どうやればいいの?

昨日は脳みそ停止状態の理科と算数の中でも特定の分野をやりました。
ホントに限られた分野。

理科は銀本からそれを扱っているところを拾って。するとおやまぁ、図や表記が違っても同じじゃん!とボンヤリしたタンタンでも気づく。

算数は本科テキストから。例題をやってから演習問題。

今日は4科ともちょっとずつやりました。
国語は明日の受験校の過去問から大問1つ。
算数は昨日同様、本科テキストから。あと、以前にやったけど不出来だった過去問を1つ。できるようになったものもあるし、できた問題ができなかったり。やっぱここは相性悪い。
理科は第1志望校の過去問を1つ。
社会は公開模試とか実践テストとか。

あー、書いてるうちに実はもう10日になってしまったのでこれくらいにします。

実力を全て出せば大丈夫!
頑張れ!


中学校受験ランキング

↑初戦!今日こそ応援よろしくお願いします!

6年 大晦日と元日

初戦まで残り日数が両手の指で足りるほどになってしまいましたね。

タンタンも中学受験しますし、6年生なのでもちろんその切羽詰まった中の1人。

追い込みも追い込みの時期。

日能研の大晦日の授業は午前中。午後はファイナル256。

ここまでは受験生っぽい。

でもタンタンはサラッと授業の復習をしたのみ。
あとは紅白歌合戦を観て日頃ろくに知り得ない流行りの歌を聴いたり、アイドル達のキラキラした雰囲気を楽しんでいました。

そして年が明けた1月1日。

朝は普通にメモチェやったり重大ニュースやったり計算、漢字などいわゆる「いつもの」勉強をしました。

ひと段落したら抽選販売に当選したスタバの福袋を買いに行って、じいばあを連れての帰宅。
ロフトの文房具福袋を買ってもらったみたい。あとミスドの福袋。幼い男子なのでポケモンにニコニコ。ブランケットなんかピーちゃんに譲ったって良さそうなのにあげない。

もちろんじいばあが来てるのに勉強なんてするはずもなく、ピアノを披露したくらいで夕方まで楽しく過ごしました。

まぁさすがに夜は勉強しました。

主に理科と算数。理系の脳みそが停止状態だから。

本郷や立教新座の理科は取れるが城北はイマイチ。
どれも銀本に載ってる去年の1回目の問題だけだけど、偏差値だけではやはり推し量れない。
これが相性ってやつか?

我が家は銀本だけでなく四谷の過去問データベースもよく使います。銀本と違って問題がちゃんとしたやつ?だし、答案用紙もあるし。

関係ないけど、足を運んだことはない学校も、国語の素材文で好きになってしまう母。
いい学校だけど、国語の問題の出し方が好きになれない学校もある。
別に受験するのは母ではないのでいいんですけど。

そんな話もゆったりした雰囲気だからタンタンと話せました。

家族写真も撮ったけど、本当に本当にタンタンはいい笑顔でした!
子どもらしい、いい笑顔。
久しぶりだなって思った。

勉強させたい気持ちをグッと抑えた2日間。
リフレッシュできたはず。

精神力よ戻れ!


中学校受験ランキング

6年 12月 最後の公開模試結果

クリスマスイヴ、世間ではキラキラした雰囲気でしたが、タンタンは最後の公開模試に臨みました。

心が折れて、やっとの思いで奮い立たせ取り組むこと1ヶ月。
たくさんズルしたしここで巻き返せるなんて期待はしていなかったけど、できるだけ良い偏差値で終わりたかった。

しかし
実際のところ、酷いものでした。

国語と社会がまぁまぁでしたが理科は恐らく過去最低。

あーだめだ。
本当にだめだ。
母は吐きそうです。
タンタンはどう思ってるのかな。

算数はできるのにできない。脳みそ停止状態。
理科も同じ。おバカ回答未だにあります。

国語は好調不調の波が激しいけれど、あんなにできなかった記述が安定していますので、多分大丈夫。

社会はよく見てません!

というか全体的に何が出来てないとかよく見てません!
もういいんです!
公開模試の結果なんて!

悪かった、ヤバイ、それだけ。

もうあとは志望校に必要なことをやるだけ!
志望校で出されない問題なんて出来なくてもいい!

いや、極端な話ですよ?
ほんとはできなきゃダメですよ?

いいの、そうやって気持ちを作るしかないの!

タンタンも。母も。

不安で不安で仕方ないから。

あー
どうしよう。
今日も半日終わった。
何をすればいいのか、わからない。

母にできることなんてないのか。
昨日、祖母の法事でお寺に行った際、御守りを手作りしました。
合掌して拝んでいる最中、その御守りに願いを込める時間があって、心からお祈りしてきました。
母に出来ることはこれくらい。

何も言わずその御守りをタンタンは早速、Nバッグに付けてました。

心の拠り所。
タンタンには必要なのかもしれない。

あとちょっと。
ほんとあとちょっとだから、頑張ろう。


中学校受験ランキング

1歳11ヶ月☆発達とちゃれんじ

ピーちゃんはもうすぐ2歳になります。
6年生の兄、タンタンはベビーの頃から「こどもちゃれんじ」をやっていました。

エデュトイ?もよく遊んだし、DVDも絵本も本当にお気に入りでしたので、ちゃれんじの良さは十分に知っていました。

あれから10年。
ピーちゃんもお世話になろうかという時期になっていましたが、手を出していませんでした。

なぜならピーちゃんは発達に遅れが見られたから。

DVDの内容にもおもちゃにもその時期に必要とされることとはズレていたから。

ところが
秋頃からYouTubeの公式チャンネルをよく見るようになりました。
言葉を1つも発しなかったピーちゃんが「わんわん」を覚え話したのです!
リトミックの動きを真似るようにもなりました!

発達としては1年遅れくらいかな?
多分ちょうど1歳くらいの感じ。
それでも映像から少しずつ吸収していて。それも急に。

だから決めました!
クリスマス号から受講します!

そして数日前、大きな箱で届きましたので
発達が遅れ気味のピーちゃんがどんな反応をしたのかレポートします。
私がそうだったように知りたい人もいると思うので。

まず
DVDは初めは理解出来なかったみたいであまり見ませんでしたが、何日か経った今は夢中になって見ています。順番を待つことやパン屋さんで注文することは全然わかってないかな。
どっちが長い?とかもだめ。
半分こはわかるみたいで、ドーナツを分けてくれました。

次はいろっぴマトリョーシカ
バラバラになったいろっぴ達を組み合わせることはできました。何度もバラしては遊んでいます。
しかし黄色はどれ?などの問いかけには全く反応せず、
大きいものに小さいものを入れることも理解出来ず、全く重ねられません。

太鼓はしばらく遊んで飽きてしまったので、今はお料理セットの水道と組み合わせてジュージュー鳴るようにしました。
お水を出して手を洗うマネをしています。
フライパンに食材を乗せて炒める様子もありますが肝心のコンロに乗せません。
出来上がったらしきハンバーグなどをお皿に乗せて両手を合わせているので、いただきますのつもりっぽい。
何度も繰り返して遊んでいます。

そして絵本。
シール遊びは大好き。貼って剥がしてしばらく夢中になっていますが、飾りシールをツリーに貼るとか、ケーキにイチゴを乗せるなどの意味のある貼り方はできません。
それ以外のお話は今現在、1つも聞かないしめくって遊ぶこともしません。
まぁDVDで理解出来ないものは本でもわかりませんよね。

それでも「視覚優位」という言葉があるくらいですし、ピーちゃんもそれっぽい雰囲気を醸し出しているので、DVDを見てるうちに行動や生活習慣を理解するかもしれないですね。

色々書きましたが、全体的にピーちゃんは喜んでます!
遅れてるからどうせ教材が使えない、などと卑屈にならずにもっと早くに始めてあげれば良かった、とさえ思っています。

しまじろうのぬいぐるみには…あまり興味ない…ですね。


2016年4月~17年3月生ランキング

6年 12月 プレッシャーに負ける

タンタンは中学受験直前の6年生男子です。
来る日も来る日も日能研から出される課題や過去問と向き合っています。

でも張り詰めていた糸がプツっと切れてしまいました。

きっかけは11月の初めに手足口病にかかったこと。いや、病気そのものは原因とは思っていません。それによって起きた体調不良、食欲不振からの公開模試での最低の結果。

それから曽祖母の葬儀やタンタンの胃腸炎と続き勉強どころじゃない。

その頃から様子がおかしかった。

成績?
それはよくない。それが一番いけない。

タンタンは幼いながら、緊張の糸をずっと張っていたんです。
4年の頃から。
緊張していなかったんじゃない、ずっと張っていたから本人も気づかなかった。

あの頃はMクラスに上がろう、と意気込み、前の方の席に喜びを感じ、掲示される順位に心を踊らせていました。
質問があればいつも先生のところへ行っていました。

6年の夏までは。

とうとう一度もクラスが上がることはなく、最前列にいる人は固定され、せめて各教科でベスト5入り、なんて希望も薄れていて。
質問はすっかり行かなくなりました。

そんな中で11月の絶不調。続く12月の公開模試もそれよりは良いが、どちらかといえば悪い結果。

プツン、と切れた張っていた糸。
どの瞬間だったんだろう?いきなり切れたんじゃないのかも。切れそうで切れそうで危なっかしいところをやっとキープしていたのかもしれない。

「もう地元の公立に行く」
そんな発言や、いつもと同じ電車に乗るのに度重なる塾への遅刻。
自宅で取り組む過去問のカンニング

タンタンの目が死んでる。

ちょうど
声がかすれ始めているので声変わりの時期なんでしょう。
そういう成長の過渡期に大きな柱が倒れてしまうと色々な面で不都合です。

そうなると今まで何でもなかったお友達の言動が気になる、学校の先生の何気ない一言が辛い。

もうボロボロです。

こんな風にプレッシャーって現れるって知らなかった。
母は心配で少し前に塾に電話しました。

電話にはちょうど室長先生が出てくれて。ここに書き綴ったことを話しました。
話したことで母の気持ちは少し楽になりました。

さて室長先生はタンタンにどんな声かけをしてくれたのでしょうか。

あの日からタンタンは塾に遅刻していません。

カンニングをしばらくしてきてしまった代償は大きく、1月10日に始まる入試に影響を及ぼし兼ねないし、切れた糸や折れた柱を戻すには間に合うかわからない。
成績が急に良くなるわけじゃない。

それでもタンタンが「受験する」と決めたのだから頑張るしかない。

行きたい学校に行こう。

さあクリスマスイヴは最後の公開模試だ。
あとちょっと、ほんとにあとちょっとだから、奮起しよう!


中学校受験ランキング

6年 12月 最後の育成テスト結果

たくさんたくさんテストがある日能研でも、ついにこの言葉が出ます。

「最後の」育成テスト。

ここのところ不調で沈んだ気持ちを浮上させられずにいたタンタンですが、
終わり良ければ全て良し、
という言葉があるくらいですから、できれば良い結果で終わりたい。

そして少し気持ちを上向かせたい。

そう思っていました。

評価が数字で出ないので結果はクラス平均で比べるしかないけれど、

国語→クラス平均より上
算数→ほぼクラス平均
社会→クラス平均以下
理科→ほぼクラス平均

ということで
3列目でした。

6列あるらしいので、ホントにクラス平均。

良くはないけど、「もう公立に行く」という程は落ち込んでない様子。

追い込みをかけたい時期に沈むってホントーに辛いけれど、なんとか、なんとか、気持ちを奮い立たせられてるみたい。

次は実践テスト。
もううるさい事は言えないけど、気になる結果。
タンタンの沈んだ気持ちを浮上させるには少しでも前に座って欲しい母。

頑張ってるのはわかってる。
でも頑張れ!
あと少しだから。


中学校受験ランキング