ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

新しいことを知る喜び

新しいことを知る喜び。

喜ぶ、までではなくとも好奇心とか。

幼い頃は本当に旺盛ですよね。
現に3歳児ピーちゃんは何か文字を見つけては知りたがります。虫も観察したいし、鍵盤も弾きたい。
しかし中2男子タンタンはどうでしょう…。

テレビで見かける知らない言葉や、どこかの国の偉い人、被災した地域、など自分から調べることもあります。
それは良い事ですね、はい。
その行為は全力で支持しております。

でも

学校で必要なことも、そうやって意欲的に取り組んでもらいたいのです、母は。

中学受験で社会や国語は少し貯金があって得意気ですが、英語はゼロ、理科系もほとんど中学受験での知識は役立ちません。
特にそもそも人体が苦手だったのに筋肉や骨の名前なんて読めないし書けないし、もはや拒絶に近い。
英語に関しては日本にいるんだから、と学ぶ意義さえも疑問視していて、それに関連してるのか、化学反応式も眺めては遠くを見つめています。

それでもあえて母に疑問文や未来系や、〜すべき、などの表現を使って英語で話しかけてくれることもあるので、何かきっかけがあれば

新しいことを知る喜び

に変わるかなぁ、なんて期待します。

ピーちゃんのように目を見開き、全てのものを吸収するようなあの感じ、中2男子にはムリかぁ(>_<)
ピーちゃんはピーちゃんで全力で生きて成長しているのだよ。

あと

タンタン、せっかくのぱっちり二重がもったいないよ。
半分閉じたような目で世の中を見ないでおくれ。


中学校受験ランキング


2016年4月~17年3月生ランキング

発達支援の業界のこと

ピーちゃんは低体重で生まれ、NICUを経て現在は普通のこども園に通う年少さんです。

園では体操、運筆、ピアニカなどを毎日組み合わせ、様々な保育をしてくれます。
乳アレルギーもありますが、給食もきちんと対応してくれるし、柵で区切ることなく、同じ席でみんなと食べています。

順番を守って並ぶことが苦手なピーちゃんはすぐに列を離れてしまうので、何をするにも最後。ちゃんと並んでいれば何度も体験できるものも、やっと1回配慮してもらってできる程度。

並べないことをお友達に注意されても上手く理解出来ずトラブルになったり、かけっこで走る意味や方向が分からず腕を引っ張ってもらう必要があったり。
トイレが上手く出来ず「お漏らしした!」と言われてしまったり。

一方で、感情豊かで甘え上手なので、靴を履かせてもらえたり、お姉さんに一緒にトイレに連れて行ってもらえたり、グズって動かなくなってしまっても優しく手を引いてもらえたりしています。

園での生活はピーちゃんの発達にとても良い影響を与えていますが、同級生と比べて、やはり支援が必要だとも思います。

さて、コロナが落ち着いていた6月頃、ピーちゃんの支援の話を進めていました。保健センターの担当の方に自宅訪問してもらったり、療育園を紹介してもらったり。
以前に、通っている大学病院の療育機関から強い拒否をされたので、そこは除外して。
候補は自宅と同じ自治体の発達支援センター2件と隣町?の療育園。

療育園は電話して診察の予約をしようとしたところ「作業療法や言語療法は11月にならないと予約できない」とのこと。もちろん保健センターから紹介されたことも伝えましたが、その言い方が上から目線で嫌な感じ。とても親身な対応とは思えない。というか拒否気味の言い方。

支援センターの1つは新設。土曜日も対応しているらしく、興味がありました。保健センターの職員さんが見学の手配をしてくれると言うのでお願いしましたが、施設側から「まずは面接してお子様がどんな感じなのか確認してから」と言われてしまったと報告を受けました。
見学なんだから、どんな状態の子だろうが構わないのでは?と少しカチンときて、つい保健センターの人に言ってしまいました…。
なんだか利用者を選別されているようで面白くなく、そちらも有り得ないと、私は判断しました。

残るは1つ。
そこはずっと前から支援センターとして存在するけれど、自治体が営んでいて、お金をケチり?いや、財政難で専門のセラピストが本当に本当に来ない。
ピーちゃんは作業療法を勧められていますがOTは存在しません。どこからか派遣されて来ることもありません。PTはいるし、STも定期的に派遣されるらしいけれど。
でも、そこは見学してきました。職員さんはみんな朗らかで建物も明るくてキレイ。遊具はピーちゃんの好みのものばかり。帰りたくない、またここの幼稚園に来たい!とまで言いました。

話を進めて行く上で、ウエルカムだったのは1ヶ所のみ。
療育機関を探していて、邪険にされてしまうばかりだったので唯一見学できた施設が、ここしかない、と思わせてしまいます。

この業界はこんなものなのかな。

ピーちゃんが喜んで通い、ピーちゃんの為になるならどこでも良いのでしょうが。

今考えているのは、こども園での成長が著しいのでそちらメインで、プラスアルファで通所支援。大学病院の先生もそう言い、普通級での進学を目指す考えです。

その為に早く支援を受けさせたい、だから早く決めなければ、ですね。



2016年4月~17年3月生ランキング

中2 コロナ渦での中間テスト

タンタンは私立中高一貫校に通う中学2年男子です。

新型コロナウイルスのせいで長いこと学校へ通わずいましたが6月は3回だけ登校日がありました。
その中で中間テストとは言わないが、それに準ずると思われるテストが行われまして。

モートラーニングの成果を出す、いやいや、サボってばかりだったのがバレる、かな?

英語は母の得意分野であり、ちょいちょい見てあげていたのでそこそこ高得点、地理もめんどくさそうだったのでテスト前には見てあげて高得点。
歴史は本人が得意だと言っていたので放ったらかして6割。

あとは酷い点で報告できないのか…不明。

現在は毎日通い、午前3時限、午後3時限で学んでいますが、また最近感染拡大とか報道されていてちょっと嫌ですね。
何が嫌って電車が嫌。不衛生っぽいから。でも学校へは通ってもらいたい。
じゃ近場の公立にすれば良かったって?
それも嫌。

私立の学習の進め方は好き。
だからリモートラーニングと通学のハイブリッド型希望!

そして中学受験を控える方には、こういう時、電車やバスに子どもを乗せて通わせることも想像してもらえれば、と思います。
モートラーニングがスムーズにできるのも私立校のメリットですが、遠方になるってことは公共交通機関必須です。

中間テストもリモートラーニング中みたいにオンラインでやる学校もあったとか。

ICTって見学の時には目に見えないし、ついつい、体育館やグラウンド、部活関係の設備ばかりに気が取られてしまいますが、受験校を選ぶ際にはやはり気にするべきですね。

リモート中にも学習支援があって、それからテストに臨めるとベストですが、そこまではどうかな。
タンタンの学校は個別でチャットだか何かで対応してもらえたらしいですね。

さて、次は今迎えてる新学期とすぐ行われる期末テストのことを綴れたらと思います。



中学校受験ランキング

年少☆6月 排便のこと

ピーちゃんはもうすぐ3歳6か月になりますが、自らトイレの訴えをすることはほとんどありません。

日中はお姉さんパンツで過ごしますが、声かけしなければ失禁状態。
一時期は汚れた事を気にして、自分で替えのパンツとズボンを出してきたこともありますが、ここのところなくなりました。

おしっこですらそんな感じなのに、うんちはもっと大変です。

絶対に出るっていうサインなのに、トイレへ行くことを断固拒否したり、座っても出ない。
そして1分後くらいにパンツ内にする。

ずーっと変わりなくて。

ところが、ここ1ヶ月程で大きな変化が。

ごくごく稀にトイレでうんちの成功ってありましたが、それのみならず、自分から『おしり』と言ったり、ウロウロし始めたところで声かけすると、素直にトイレに行けたり。

やっと便意とか、トイレでうんちをする、っていうことがわかったのかな。
おしっこは折を見て親が誘導しないとだし、
まだまだおむつの卒業とはいかないけれど、前進したことをピーちゃんの前で全力で喜んでいます。

同年代の子と比べると成長はゆっくりだけど、長男タンタンの時と違って、色んなことに期待していない分、私自身がすごく楽です。

コロナも落ち着いてきたし、また発達支援、療育の話を進めてみようかな、とは思っています。



2016年4月~17年3月生ランキング

リモートラーニング2 ログインできない

新型コロナの影響でリモートラーニングの学校も多いことと思います。

タンタンの通う私立中高一貫校でもリモート中心です。

しかし操作に慣れていない中学2年生。

意地の悪い先生は
『この学年は80人しかいないのでしょうか?』などとオンラインでの提出物が少ないことを嫌な言い方でメッセージ送信してきます。

単純に忘れてる人もいるでしょうが、送信したつもりが送れていないことなんて慣れた大人だってあることです。
エラーが出てしまえば子供では対処できないかもしれないし。
なぜそんな言い方をするのか、去年から思っていましたが、性格の悪い先生がいるものです。

なぜお互い苦労して画面に向き合っていることを労えないのか。
これから中学受験する方には、そういう日頃の様子をどうにか感じてもらい、学校を選んでもらいたいです。

さて、タンタンは先日、朝8:30のログインに成功し、健康観察などを送信した後、9:00の動画配信を待っている間に認証が切れてしまうトラブルに遭いました。
父母は仕事で不在。
パスワードをいくら入力してもログインできず、その日の授業は1つも見ることが出来なかったと、夕方本人から聞かされました。

保険のために母のスマホからもログイン出来る状態にしてあったので、とりあえず課題だけは確認できました。

そして一晩色々試し、今朝も色々試したけれどタンタンのパソコンからはログイン出来ず、学校に電話しようかとソワソワしていたところ、もしかしてパスワードの最初の文字が大文字なんじゃない?ということにようやく気付いたのです!

結果的にそうだったので今日は多分大丈夫ですが、操作に慣れないタンタンはテストも大文字小文字、全角半角の違いでバツ扱いになる、なんて言ってたので、パスワードに大文字小文字の概念があるなんて恐らく知らなかったことでしょう。

というか、私たちも気付くまでに相当時間がかかりました。

先生も子どもも親も不慣れなことをやっていること。エラーは度々出ること。

わかって欲しい。

ね、先生!

負の発言では子どもは伸びませんよ!
逆の言葉で発信して!

⚪︎⚪︎人も返信できました、明日はもっと増えているでしょう、とか。
送信のやり方がわからず困っている人がいるかもしれない、大丈夫ですよ、1度学校に電話して下さい、とか。

寛大な学校を皆さん、選んで下さいね。


中学校受験ランキング

リモートラーニング

タンタンは私立中高一貫校に通う中2男子です。
昨年の冬から始まった休校措置で新年度はまだ1日も通えていません。

例に漏れずタンタンの学校でもリモートラーニングが始まったわけですが、やはりその授業の進み方は遅いと感じている様子。

学校からタンタンに与えられたIDで朝8:30にログインし、毎日が始まります。
クラスの時間割に応じて6時間分(土曜日は4時間)の配信。
家庭科や美術は実技の道具が郵送されていて、それをやるように指示が出ます。
体育はどうやら先生が体育館で撮ったらしい動画でした。

数学や英語は小テストも配信されていて、ネットでアンケートに答える気分で取り組んでいます。
が、入力に慣れてない男子中学生です。半角全角の概念に苛立ちを隠せない。

動画そのものはぼんやりニュースでも見ているかのようで。
子どもの性格によるでしょうが、タンタンはこういうタイプの勉強は向きませんね。

問題プリント類は郵送されて来ているものもあるし、その場でプリントアウトして使うものもあります。答えは翌日にアップされることが多い印象。
先日は用紙がなくなり、急いで本人が買いに行きました…。ごめんよ、タンタン。

私立に通う中学生ですから自ら学ぶ力はあると思いますが、やはり全ての科目でってなると難しい。
数学は先生が解説プリントを作り、それも配信してくれてるけどどれほどの役に立っているか不明。作るのに時間かかっただろうとは思うけど、目の前で説明すれば5分で済むかな。実際の授業なら説明後に子どもがノート取れば十分だし。
やっぱり数学は対面授業がいいなぁ。と母は思います。

説明聞いて、ガンガン問題解いて、丸つけして解き直して、またどんどん類題やら発展問題やらやる、中学受験スタイルが合ってそう。

まぁそんなこと言っても仕方がないですよね。

英語だけは母が仕方なく面倒見てやってます。
ぶつぶつグチグチ文句言われながらね。

はぁ。

6月はちょっとだけ学校に行けるようになったみたいですが電車に乗って通わせるのは不安。
だけど学校に行ってほしい。
葛藤もありつつ、そう思います。


中学校受験ランキング

甲子園大会中止のニュースを観て

甲子園。
それを目指す為に頑張って来た人たちがいることはもちろん知っています。

それが中止になったなんて、高校3年生は一体どんな風に受け止めればいいのか、かける言葉が見つかりません。
ドラフト会議とかどうなっちゃうんでしょうね。

ニュースでは生徒さん達にその告知をしている様子が報じられていました。

鎮痛な面持ちで言葉を発する監督。
知らせを聞いてなお、号泣しながら打撃練習をする選手。

人生掛けてきたことでしょう。
こういう人たちがいる一方で経過観察中にパチンコしたとか、賭け麻雀やったとかいう大人の話題を聞くと情けなくなります。

しかし一方で

私には別の観点がありまして。

インタビューや取材を受けていた学校、いくつかあったと思うんですが、どの学校も教室に集まっていたりグラウンドだったりでした。

つまり、学校に行ってるんですよね、それって。全寮制かな?とも思いましたが、何にしても同じ年頃の仲間と集まって汗を流している事実。

タンタンは中2になってから1度も登校していないし、1年生なんてせっかく合格した学校の制服すら着ることなく夏服の時期になってしまったのでは?クラスメイトもPC上でしか知らない。もちろん入部なんて出来ない、だって入学式もしてないんですから。

間も無く、首都圏でも緊急事態宣言が解除されることでしょう。
それでもこれまでと同じように登校できるかわからないし、部活動なんて再開されないかもしれない。

地方では学校も普通に通えて部活もできてたのかな?そんなことないですよね、多分。
野球に限らず全国大会を目指していた人だっているはずです。首都圏がこんな状態だから、地方も我慢してよ、ってわけじゃなく。

取り上げられた学校を非難するつもりはないけれど、ニュースを見ながらタンタンと、
「あの人達はみんな学校行けてるんだ」
「部活もやってるんだ」
って話してて。やりたくてもスポーツできない人がいるのにって切なくなりました。

報道する方も、我慢を強いられてる学校も取り上げてくれたら良かったのにな。
それじゃ涙を流す映像撮れなくてダメなのかな。

こんな感じ方したのは私だけかなぁ…


中学校受験ランキング