ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

中1 伴奏デビュー

タンタンは私立中高一貫校に通う1年生男子です。
何度も言うようですが、ピアノも弾きます。

中学受験の時から辞めることなく続け、現在進行形です。
男子でありながらピアノを習っていると、「女みたい」などと小学生の頃は言われることもありました。
しかしそんな冷やかしにめげることなく続けられたことは母から見ても、すごいなぁと思います。

続けられる理由はただ一つ。

伴奏したいから。

本人から聞いたわけではありませんが、おそらくそれ。

中学に入ってからも弾きたい。
弾くチャンスはあるだろうか?

と、何度か耳にしましたから。

そして入学後の初めの方の音楽の時間に「ピアノを弾けるか」「伴奏できるか」「どんな曲を弾いているか」などのアンケートがあったとか。
もちろんタンタンは伴奏できる、と回答。

そしてそして、楽譜がもらえました!
最初なので、「失敗したら次はもう楽譜をもらえないかもしれない」という心配がよぎり、結構真剣に練習して行きました。

そしてそしてそして、ついに伴奏デビューしました!本人曰く、ノーミスだったらしい。
クラスのみんなから「弾けるんだ!」と言われ、内心ニヤニヤだったことでしょう。
このニヤニヤが彼のやる気につながっているのです!

おそらく、一刻も早く「伴奏といえばタンタン」という印象にしたいはず。
小学生の時にも、そうしてきたから。

秋だか冬だかに合唱祭があるし、そこでまた伴奏できたらいいね、いや、伴奏しよう!と母は言ってます。

母?

私にだってありますよ、ニヤニヤポイント。
「男の子で弾けるなんてカッコいい!」
そう言われたくて習わせてるんです。
言われたらもうたまらんですよ!
これまで、期待通り結構言ってもらえましたよ〜。

中学でも言われたいんです。

親子で利害が一致しているのでサイコーです。
いやぁ、ホントに中学受験の時に辞めなくて良かった!辞めてたら再開したかわからないし。

これからもバンバン弾いていこう。
あ、
ピアノの先生からの課題もちゃんとやろうね。


中学校受験ランキング

2歳5ヶ月☆歌う

ピーちゃんは早産で低体重出生児の女の子です。現在2歳5ヶ月、体重はちょうど10kg。

なかなか言葉が出ず心配していますが、最近は少しずつですが話します。
おはよう、落ちちゃった、ジュース、雨、アリさん、アンパンマンチンアナゴ
単語ですが、言葉は覚えてきているようですね。もっと他に実用的な言語があるはずなのに、なぜチンアナゴを先に覚えるかなぁ?笑っちゃう。


指差しもようやく出始め、あっちこっち指しては「あっ!」と声を上げています。
誰かが「見て、ほら」と指差せばそっちを見ることもあります。
基本的に自分勝手なので、見向きもしないこともありますが。

そしてここ1ヶ月くらいで歌うようになりました!
発語がはっきりしないので、何の歌を歌っているのかわからないこともありますが、
「カ〜エ〜ルの歌が〜カ〜エ〜ルの歌が〜」
アンパンマンは君さ〜」
「コチコチカッチンお時計さん♪」
が得意。

カエルの歌はエンドレスリピートです…www

できないことはいっぱいあるんです…
例えば、貸してとか、ごめんねとか。
トイレに座ってもおしっこが出ない、とか。
待っていられない、とか。

でも、仕方がない。
できないものは仕方がない。
今は諦めた。
子育ては諦めが大事らしいし。

出来ることを認めて、褒めて、伸ばしてあげたい。

なんてね。
できないことばかりが目についてキーってなることもありますよ。
なかなか冷静でばかりいられないよ。

なんでも標準通りできてたタンタンにさえ、当時、キーってなってたし。

そんなもんです。
できたらできたで、それ以上を求めちゃう。

今、やっとできるようになったのにね。
成長がとってもゆっくりな分、可愛く感じる今日この頃。
ピーちゃんは愛嬌がめっちゃいいんだよなぁ。
なんか得してると思う。

この世の2歳児の中で一番可愛いんじゃないかと思う!
究極の親バカです。
10歳離れたタンタンにも同じこと思ってました。

が、

タンタンは声変わりしてきて、背も伸びて、何かって言うと口答えして、もうそういう可愛さ、全然ないな…。


2016年4月~17年3月生ランキング

中学受験振り返り 計算のこと

タンタンは面倒くさい事が大嫌い。
日能研では毎日計算の宿題があります。
1日数問でせいぜい10分程度ですが、四則混合でその上小数、分数まで混合の逆算とか、多分見ただけで嫌になってました。

面倒くさい

と感じたら最後、引き算で間違えたり簡単な約分で間違えたり、書き写し間違えたりが頻発します。
ズルしてしまう可能性大なタンタンですから、丸付けは母がやりました。当然バツが付きますが、やり直すのはもっと嫌い。

だったら初めから丁寧にやればいいのに。

何度そう言ったことか!
ずっとずっと変わらなかった。速度は遅くないのにバツばかり。変わったのは過去問ばかりに取り組むようになってから。

幼いタンタンも
「これが普通なんだ」
「これくらい解けなきゃダメなんだ」
と気づいたかどうかはわからないけど、6年の冬くらいだったかも。計算問題に文句を言わなくなったのは。

8分の1とかの分数と小数を一発で変換しろ、とか秒速と時速は3.6で一発OKとかも何度も何度も言ってきました。
3.14の計算は覚える必要ありません。飽きるほど解いているうちになんとなく勝手に覚えますから。

算数という括りの計算1つとっても本当に本当に苦労したのがタンタンです。
理解してるのにミスが目立つから。
性格はそうそう変えられません。辛抱強く努力するのみです(母も)。

そんなタンタン、現在は私立中高一貫校へ通い、先日いわゆる中間テストを終えました。
代数は100点でした。まだ内容的には易しいからそれほど歓喜するものでもありませんが、返された答案用紙を見ると、途中式も丁寧に書かれ、文句なしの内容でした。

塾の勉強を必死にやっていたあの頃、どんなに言ってもやらなかった途中式。
成長したなぁ。
中学の方がゆっくり丁寧に教えてるのかな?最初だからか?

いやいや、中学受験は中学に入ってからでは遅いので、できるだけ早く、計算力はつけるべきです!


中学校受験ランキング

中学受験振り返り 特別講座のこと

タンタンは日能研に通っていました。
季節講習では別料金で特別講座が各種あり、それぞれ必修でした。

でも、別料金だし断ってもいいんです!

タンタンもいくつか取捨選択。
6年生の夏期講習では算数、理科の苦手そうな分野、そう、母が指導するとバトルになりそうなもののみ参加させてみました。国語、社会は必要なしと判断して不参加。

でしたが、ぶっちゃけ、全部不参加でも良かったかな、と思っています。図形、割合など苦手だから克服したいと思って参加させたのに、そういうのは本当に基礎中の基礎しかやらなくて。いやいや、そこはさすがに理解してるよ、という感じでした。

今やメルカリやヤフオクで中古のテキストだって手に入ります。特別講座だって出品してる人はいます。時間をかけて通い、無駄な時間を過ごすくらいなら、使用品でもいいから手に入れて、母がコピーすればいいこと。それをやらせてみて、判断すれば良かった。

塾に尋ねれば受けた方がいい、って言われちゃいますし。商売ですからね。

結局は自分の子の実力を親が把握して判断しなきゃならない。塾の言う通りだと無駄も多いってことです。
特に、出席することで安心感を得ている場合には不要なのでは?

特に6年生は夏休み、無駄にしたくないですからね。
本当に必要なのか、よく考えて受講されたら良いと思います。


中学校受験ランキング

2歳4ヶ月☆GWとインフルエンザ罹患

天皇の退位、即位に伴う10連休、長過ぎるゴールデンウィーク、お昼ご飯どうしよう問題、どこ行っても混雑、家にいるのは暇すぎ、などなど様々なモヤモヤを皆さま乗り越えたと思われます。

我が家では10歳差兄妹にどんな風に過ごしてもらったら良いか悩みました。
兄タンタンは土曜日授業だったので9連休ですが、ダラダラ大好きな彼も後半はさすがに飽きて「これなら学校に行ってる方がマシだ」と言ってました。
そんなタンタンは映画を観たいと言っていたので連休中にパパと一緒に行っていました。

そして2歳児ピーちゃんは水族館へ。12歳のタンタンは留守番でもいいと伝えましたが、付いてきました。そして大きくなってからの水族館はなかなか勉強になった様子。
ピーちゃんは暗くて怖かったらしく、ずっと抱っこ。大きな魚が目の前を悠々と泳ぐ姿には喜びよりも恐怖。小さめのお魚は喜んでいました。

そしてGWの残り日数が少なくなったある日、突然の高熱。熱にはめっぽう強いピーちゃんがグッタリ。ジッとしていられないピーちゃんが動かない。声も発しないし笑顔もゼロ。これはおかしい。すぐに自治体のホームページから休日診てもらえる小児科を探し、ピーちゃんの様子を見計らって受診。荷物持ちにタンタンも連れて行きました。歳の離れた兄、役立つ〜!

混んでるかと思いきや、割とすぐに診てもらえました。先生は聴診器を当てることもなく
「急な発熱ですしインフルエンザが疑われます」
「人混みに行きましたか?」
などと話し、母である私の許可を得てすぐに検査。しかも上手。
結果は陽性、B型でした。疑わしいのは水族館ですね。

いや、問題はどこでもらってしまったかではありません。
いわゆる特効薬をどうするか?の1点です。粉薬は断固拒否のピーちゃん、吸入タイプが可能か、錠剤はどうか?などを医師、薬剤師と相談。乳アレルギーがあるのでリレンザ、イナビルは使えないということになり、結局タミフルの粉末を処方されました。

以前は「お薬飲めたね」というゼリーで上手に飲めた粉末状の薬も今や全く飲まないピーちゃん。
味濃いめのジュースに溶かしたり試しましたが、タミフルを一口飲んですぐにオエッと吐く、が続いてしまったのでやめました。服用させることを。

乳アレルギーの子は吸入タイプの特効薬が使えず、その上、粉薬をバニラアイスやヨーグルトに混ぜて飲むことも出来ず苦労します。

自力で増殖するウイルスと戦い、今は熱も下がりつつあり、食事も発語も笑顔も少しずつ増えてきました。

そういえば火曜日からタンタンは中学へ行ってますが、朝タンタンに行って欲しくなくて大泣きしたピーちゃん。
しかしゴールデンウィークのみならず、その後も1週間自宅療養。こんなに長く母と過ごしてしまうと来週からの登園、きっと大泣きですね。

泣いてもいいよ、元気なら。
手がかかっていた頃が良かったな。
大人しくなくてもいいや。
早く元気になぁれ!


2016年4月~17年3月生ランキング

2歳3ヶ月☆進級

ピーちゃんは早産で低体重出生児です。
よく笑い、怒り、喜び、泣く。感情を全力で表現する可愛い女の子。

ピーちゃんは認定こども園に通っています。もちろんもれなく進級しました。
進級に当たって先生から言われた事があります。

①職員を増やす必要があるか。
これに関してはピーちゃんの発達が大いに関係しています。発する言葉も少なく、大人の指示もあまり通らない。みんなが座って演奏を聴いている時もウロウロ、鬼に豆をぶつける時も違うことをしている状況。
発達は大学病院で定期的に診てもらっているので、医師にも相談しました。
医師からは必要、とは指示が出なかった事を園には伝えておきましたが、実際進級してみると加配の先生がいる様子が伺えました。

②食事用エプロンの持参。
これは些細な事ですが、進級したクラスでは食事用エプロンは不要ですので、他の子は指示がないはずです。
みんなはもうこぼさないけど、ピーちゃんはどうやらまだまだこぼしながら食べるってことですね。

そしてあえて言われないこともあります。

パンツの持参です。

進級前から、みんなはもうお兄さんお姉さんパンツを履いていてトイレに行っていました。それは保育参観で確認済みです。
ピーちゃんだけ完全オムツでした。別にこども園に通っていなければ気にしないことだし、焦っていませんが、見ちゃうと気になります。
進級後もパンツのことは一切触れられません。

あと、進級後は保育時間内に体操もしているみたいです。
前転とか四足走り?(はいはいの姿勢で膝を付かないやつ)。
園が公開しているブログを見る限り、サブの先生がピーちゃんの近くにいたり、ピーちゃんははいはいで競争してる様子が見受けられます。

でも、本当によく見てくれる園です。「おうむ返しが出来るようになりました」
「トイレ大好きで声をかけると1番先に行きます」
「製作を最後まで取り組めました」
ちょっとしたことでも一緒に喜び、褒めてくれるし、お迎えのときに今日はどんな事があったのかとか、最近はどんな様子なのか毎日報告してくれてありがたいです。

ピーちゃんのペースでいいんだよ。

そんな一言にも救われる母なのでした。

理解ある園に入れたことを本当に感謝しています。


2016年4月~17年3月生ランキング

中学受験振り返り 自習室の活用について

タンタンは無事、中学受験を終え、春休みを満喫中。
とは言え、中学からの課題をテキトーにこなしているので父から檄を飛ばされていますが…。

さて、日能研に通っていた頃の自習室の話題に触れたいと思います。

母の仕事の都合で早めに行っている日、少し遅く帰って来る日がありまして。
特に夏期講習など期間講習中は多用しました。6年夏からはユリウスでもお世話になりましたので、両方の自習室を活用したわけです。

初めの頃は日能研の自習室を利用していました。その頃はまだ受験も遠く、ただ宿題をやったり。まさに時間つぶしに使っていただけです。
6年になると本格的に学んでもらいたく、メモチェを進めたり、計算漢字、間違えた問題の解き直しなどを課題として与えたものです。
夏にユリウスを単発で利用し始めるとタンタンはユリウスの自習室だけを使うようになりました。

なぜか?

初めはユリウスならだいたい室長の手が空いていて、質問したい時にできるから。

などと言っていましたが、ろくに質問せずにいたので、問い詰めると…。

だって日能研の自習室は時間が決まってて自由に休憩できない。ユリウスなら好きな時間にお弁当食べたりできるし。

そ、そうなの?
思ったより幼い理由でユリウスが選ばれていました。

でも自由であるが故に、勉強もそぞろ。
メモチェはやったりやらなかったり。解き直しなんてほとんどやってきたことはありませんでした。
つまり、ボンヤリしてただけ!

6年後期に伸び悩んだのは母が仕事を熱心にやってしまったせいかもしれない。

自習室なんか行かせなければよかった!

本気で後悔しています。
習い事を辞めなかったことなんか後悔してないのに。

ちゃんと自主的に学んで来れる人は大丈夫。
でもタンタンみたいにすきあらばサボろう、監視の目がない?ラッキー!みたいな子は絶対に向きません!

家でゴロゴロしないよりはマシ。

その程度です。

この記事は
タンタンみたいなお子様を持つ保護者の方々へ注意喚起でした!

頑張れ中学受験生!
そして監視の目が必要な子には監視を!


中学校受験ランキング