ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 9月 テスト直しのやり方の指示が出る

タンタンは日能研に通い、中学受験を決意した6年生男子です。

3年生2月(カリキュラムは4年)から通い、テストはカリテも公開模試も休まず受けてきました。

節目や何かの時には面談をしてもらい、テスト直しのやり方も「こんな方法もありますよ」的には聞いていて、また、他のブログを参考にこれまでやってきました。

しかし、直したものを提出したのは4年の後期に何度かのみ。
それも算数だけ。

やはり提出義務がないので、どっちでもいいや、となってしまい…。
タンタンは交換日記のようなものを楽しむタイプでもなく。
続きませんでした。

そして6年夏。

単発ではありますが、ユリウスを利用。

そしてそして6年後期。

ついにユリウスを週1回1コマで定期的に利用し始めました。
つまりユリウス生になったのです。

そこでタンタンの担当になってくれた先生から、テストの問題用紙の方を提出するよう求められて。
見せられたもんじゃないと思ったけれど、隠しても仕方ない、そのまま出させました。

先生より

これでは初見で解いた式と、直した式がごちゃごちゃでダメ。
間違いを反省できてない。

と厳しいお言葉。

はい。
わかってるけど、親の言うことなんぞ右から左でちっとも真剣に聞いてくれないんだけど。
てか、4年の時から結構本人には伝えてるんスけど。

担当の先生からテスト直しの宿題が出ました!

そうだそうだ!

義務になればやるしかないし、親でなく、先生からの指示なら言われた通りにやるはずだ。

なぜもっと早く指示してくれないのか?
日能研の先生が言ってくれれば良かったのにな。

でもユリウスの先生が見てくれるんだから、頼ろう。

まずは算数と理科で直すべき問題をコピー。本人の書いた式や考え方はそのままコピー。
そしてノートに貼る。
空いたスペースは直し。正しい式や考え方を記入して、なぜ間違えたのか、どうすれば良かったのかまで書かせます。

社会は問題用紙原本に直し。特に記号問題は選ばなかった選択肢について、なぜ選ばなかったのか書かせます。

国語は指示がなかったので、家でこれまでと同様に直したのみ。

やってて思う。

これ

4年の時に言われたやつじゃん?

それも日能研に。

日能研の先生が言ってくれればいいのにって思ってたけど、言われたじゃん。
ただ、違うのはそれを宿題として出すかどうか。
宿題にするということは、見る側も責任を持って見るってことだろうし。

いや、あの時、
算数だけ数回出した時だって責任を持って見てくれたはず。

じゃやっぱり、「宿題」「出さなきゃダメ」「やるしかない」のループは子どもにとって絶大な効果があるのかな。

コピーや切り貼りは母の手間でしかないし、ちょっと面倒だけど、仕方ない。

目指すところがあるんだから、頑張ろう。

いやしかし、今更って感じは拭えない。
間に合うのかしら?

いやいや

やるべきことを示してもらったんだから、やるしかない!


中学校受験ランキング

↑励ましてください〜。

1歳8ヶ月☆発達の遅れ

ピーちゃんは早産で低体重で生まれました。
大学病院の定期受診は今でもあります。
特に問題がみられなければ2歳くらいで卒業になるとか。

しかしピーちゃんは発達の遅れが目立ちます。

1番わかりやすいのは言葉。
単語は1つも出ません。
「ママ」すら言わない。
気分で「やったやった!」「はい」などは稀に出ます。

それから指差しもしません。まったく。
気になったものを指すこともなければ、「ワンワンどれ?」などの問いかけに、これ!と指すこともありません。
何か取りたければ親の手を引いて連れて行きます。

少し前に地域の1歳6ヶ月健診の時に同じ話をしても保健師さんにはほとんど何も言われなかったのに対し、大学病院の先生は今後のことをしっかり話してくれました。

通常は2歳半以降に療育の話をするところ、早く気づいたので、心理士さんとの話がスムーズになるように問診票のようなものに記入したり、早いうちから通える施設があることも教えてくれました。
しかし低年齢から通える所ほど混雑しているとか。
しかも低年齢から通えるが故に、ただただ遅れ気味だっただけで療育の必要のない子もいるらしいです。

心配なこともあるけど、そうやってちゃんとわかったので、安心した面もあります。

発達については次は2歳になってすぐの診察なので、その時にはまた様子を記録したいと思います。


2016年4月~17年3月生ランキング

↑ランキング参加してます。他の方のブログもここから見られます。

6年 9月 ついに乳歯が抜け切った!

タンタンは6年生男子。
幼い幼いと思っていましたが、ついに!

乳歯が抜け切ったのです!

もう何ヶ月も前に右の犬歯(糸切り歯)が抜けてますが、未だに生えてきません。
そのことを2ヶ月くらい前に歯医者さんで相談したところ、左の犬歯はまだ乳歯のままだし、発達がゆっくりなのでは?と言われていました。
その時心配するくらい生えて来なかった歯ですが、未だに生えてないんだから、一体何ヶ月そこは何もない状態なのでしょう…(^_^;)

そして

ようやく右の犬歯が抜けたので、両方の犬歯がない状態(^_^;)

ちなみに犬歯のことを我が家ではキバと呼んでいます。

笑うと両方のキバがないのでちょっと可愛い。

今日は
中学受験とは全く関係ないお話ですみませんでした。

「乳歯」と打ちたいところ、
予測変換で
「入試」
と出てくるので、ソワソワしてしまった母。

ではちょっとだけ塾の話。

ついに後期日特が始まりましたが、
「算数がめちゃくちゃ難しかった!」
とタンタン。

やはりまだタンタンの実力では太刀打ちできないか。

乳歯も抜け切ったし、次は入試に向けて頑張ろう、タンタン。


中学校受験ランキング

↑何とか志望校へ届きますように、応援お願いします!

6年 夏期講習振り返り(社会理科)

もう後期の授業が始まって数日経ってしまいましたが、今日は夏期講習中の取り組み、社会と理科について振り返ってみたいと思います。

思えばほとんどメモリーチェックで時間を取られた感があるけれど…

まずは社会。
なんと言ってもすっかり忘れているのが山脈や川、平野などと公民分野。
今更、白地図をやる時間もないので、テキストに出てきた分だけ。
気候や特産品もさらりと流し込み。
過去の公開模試から良さげな感じの回を引っ張り出し、解き直し。2回分。
これは表やグラフから読み取る力をつける為にやりました。その力があれば多少は記憶が乏しくても考えて導きだせることもあるかと思って。

実際それが効果的だったのかはわかりませんが、先日の公開模試(9月2日)で社会だけは抜群の成績。タンタンの社会の成績においては過去最高の偏差値が出ました。

国語算数で瀕死の成績でしたが、社会に救われた結果に。

そして理科。
こちらもメモチェやってるから基本的には授業のおさらい中心。

ほかに力学、天体はユリウスも利用しました。
バネてこはできるが、滑車が壊滅的だったことと、以前から東西南北が怪しいのでこれは母以外の指導に賭けてみました。

果たして効果は?
まぁすぐには現れるものではないのでわからないけれど、とりあえず公開では成績キープ。

理科は偏差値50を切ることも多々あったけど、今回は切ってないし、まぁいいか。

おいおい

いつまでそんな悠長なこと言ってる?

社会理科はまだ追い上げがきく?

マジか。

ユリウスの室長先生もこの前の面談で言ってた。

タンタンはサボり癖があるので、みんなより少し遅れてメモチェ2周目突入です。
何はなくともメモチェ!というくらいなので、2周目もメモチェ専用ノートに書けるのが助かります。

理科は2周終わらないと過去問やらせてもらえないとか。

マジか。

終わらせりゃいいってものでもないけど、終わらないことにゃ始まらないので、とにかく終わらせよ!

もう「サボる」という形で母を裏切ることだけはやめてほしい!
と切に願います。

というか本人に言いました…


中学校受験ランキング

↑6年も後期。応援お願いします。

6年 夏期講習振り返り(算数)

今日は夏休み中に取り組んだ内容の振り返り、算数です。

日能研では先日の公開模試の結果が出ていますが、夏休み中の勉強は一体何だったんだ!と言いたくなるような悲惨な結果でした。

もちろん、合格判定なんて見れたもんじゃありません。

きっと足りないものが見えてくると思うので反省を兼ねて振り返ります。

まず、家庭での取り組みは、授業で扱った回の復習。コース別は例題、共通は扱ったもののみ。
これは一応2周しましたが、母のチェックが入らなかった時は解き直しなど甘かったことが判明。
怒り爆発。

それから計算と一行題。これは毎日母がチェックしていたので、力になったと思いたい。間違えた問題は近々解き直しできれば最高です。そんな時間は見当たらないけど。
ここで発覚したのは複雑な逆算になると計算ミスが頻発していること。複雑化した結果、最後に単純な約分忘れなんてのも現れ出して。
このミスが今回の公開模試でも出てしまいました。つまり大問1で2つもバツをくらいました。これが痛い!

日能研では毎日の休み時間を利用して小テストがありました。
そういえば国語は漢字テスト、クラス1位でフィニッシュだったはず。
算数は1位〜5位くらいだった時もあるし、徐々に落ちて最後はどうだったのやら。
直し必須の課題なので、それも自宅で取り組みました。

弱点補強の為にユリウスも利用しました。
数の性質、速さの分野でお願いしました。そこはそれなりに取り組んでいたと思われ、ユリウス任せ。
ユリウスの室長先生から夏休み中の算数の成績は褒められましたが、過去の公開を見ると今回ノータッチだった図形や割合の分野で失点が目立つことから、後期はそれらを潰してから過去問に突入すべき、とお話がありました。

ユリウスの継続も視野に入れつつ、しかし弱点がわかったなら自宅でやるのもありか?

おっと

夏休みの振り返りなのに今後の話題になってしまいました。

なんかこう書き出してみると、算数もこんなもんしかやってないんですね。
塾に行ってる時間が長いから、こんなもんか。

うーむ。

家庭学習の進め方は難しいなぁ。

次は社会について振り返ります。


中学校受験ランキング

↑他の方の記事も気になりますよね。私も気にしてます(^_^;)

6年 夏期講習振り返り(国語)

タンタンは日能研に通う6年生です。
天王山と言われる夏休みを終え、振り返ってみることにします。

まずは国語。

何度も言うようですが
タンタンは幼く、その場その場をただただやり過ごすタイプ。
行動や様子から先読みしたり、気持ちを汲み取ったりは大の苦手。

つまり国語は圧倒的にできない。
特に物語。

読書は好きで(しかも物語が好き)、夏休み中、親の目を盗んでは読んでいました。

国語が苦手だとわかっていながら、算数、社会、理科の復習量に比べると手を付けずに過ごしてしまい、

やったことは
夏期講習テキストの中にある漢字、語句と記述を3つくらい。
コース別に収録されているお話から、先生が「読んでおくといいよ」と言ったもの。
あと、漢字はそれだけでは不十分に感じたので、5年の夏期講習テキストを引っ張りだしてやりました。

基本的にはこれだけです。

少なっ!

まずいと気づいたのは講習終了間際。
夏期講習テストで国語はいつもパッとしないから。

慌てて
疎かになっていた新聞の子供向け記事の音読を再開。
文章に触れ、数をこなしていた頃の成績が良かったことから、5年のカリテの応用だけを1日1つ解くことにしました。

講習前に保護者会で、国語が不安定だと本番が心配、と言われていたのに、力を入れて取り組んだのはホントにここ1週間くらい。
ってもう講習終わってる!(°_°)

すでに後期の授業が始まっているけれど、やはり国語が苦手では不安で不安で仕方ないので、タンタンにあったやり方を模索しつつ、あと4ヶ月ちょっと、いや、最後まで続けていけたら…

続けていけたら…?

違う違う

続けていかなければ!

ですね。

まだことわざや慣用句などどのように取り入れたらいいのかわからずいるのに、今後過去問のような長文に挑めるのか。

国語だけでも、そう遠くない未来に不安を覚える母。

気持ちを切り替えて、
次は算数辺りを振り返ってみたいと思います。


中学校受験ランキング

↑この応援がホント〜に励みになります!

6年 夏期講習終了

タンタンは日能研に通う6年生です。

本日、最後のテストが終わり、夏期講習という名のものは終了しました。

明日、明後日はまだ特別講座が続きますがね。

31日のみ、完全にフリーで、9月1日からは後期日程が始まります。

本科テキストは今までのものに比べると薄っぺらく感じ、
そのかわり、日特で使うのであろう、過去問集、いわゆる銀本はその分厚さにビビります。

さて、夏期講習の振り返りをしたいと思うのですが、1歳児のピーちゃんが発熱し、それどころじゃないのでそれはまた後日。

夏期講習という大きな山を越えて、学校も始まり、なんだかすでにやり遂げた感を醸し出しているタンタンに喝を入れたいところですが、今は穏やかに過ごしたいと思います。


中学校受験ランキング

↑1日1回応援してくださると本当に励みになります!