ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

4年前期のこと

2科目での塾生活スタート。

Aクラスです。

 

何をどの程度勉強すればいいのか手探りでした。

 

算数は問研、オプ活まで宿題でしたので、6月頃までは真面目に取り組んでいました。

しかし、カリテは問研までしか出ない?と思い、オプ活はとりあえずやらない方向で。

 

長男タンタン喜ぶ☆

 

それでもカリテ共通や公開でMクラス平均を上回ることもあり、まずまずの成績。

 

算数はね。算数は花マル!

 

問題は国語でした。

 

日能研生にありがちな

「カリテはいいけど、公開ができない」

タンタンはまさにそれ!

 

カリテは授業で習った文章。問題も本科と栄冠をやってればほぼほぼ点が取れます。だから成績も良い。

公開は初めて読む文章。

まず読むスピードが遅く、時間が足りない。

どこに書いてあるのか見つけられず、抜き出し問題が壊滅的。

 

線を引こう、と提案するも

読みながらどこに引けばいいのかわからない。

全く引けないか、線だらけか(~_~;)

 

結局、打開策を見いだす事に失敗して、4年前期を終了しました。