ひだまり 〜10歳差兄妹と私の日々〜

10歳離れた、奇跡の自然妊娠長男(中学受験予定)と医療の力を借りて出産した長女(乳アレルギー)との関わりを記します。

6年 9月 ピアノ伴奏

タンタンは日能研に通い、4ヶ月後には中学受験を控えている6年生男子です。

タンタンはピアノ男子でもあります。

この辺りでは周辺の小学校が集まり、音楽会というものをそこそこの大きさのホールで毎年行います。
その音楽会には6年生のみ、それもどの学校も1クラスしか出られません。

小規模な学校はそもそも1クラスしかないので、6年生になれば自動的に出場が決まりますが、タンタンの通う小学校のように複数クラスあると、まず校内選考を突破しなければなりません。

つまり各クラスが戦うわけで、どのクラスにも伴奏者が必要です。

タンタンは1組ですが、2組はAさんしか弾ける人がいない、とか、3組はBさんとCさんで争っている、などなど噂は聴こえてきます。
肝心の1組というと、伴奏を担えそうな人はタンタン以外にも1人います。

が、

「ピアノといえばタンタン」

というイメージはかなり強く。
特に立候補せずいたのに、

クラスのみんなから推薦されてしまった、
と本人は言っていました。

「どうしよう」などとつぶやいていましたが、いや、確かに受験勉強もかなりの圧だし、どうしようと思うのも本心でしょう。

しかし!

見えますよ。
心が。

内心ニヤニヤしちゃってるのも本当でしょう。

そりゃ、みんなに認められて、女子を差し置いて推薦されちゃぁ嬉しいよね〜。

もちろん、量は減らしても日頃からピアノの練習は欠かさずやっているし、引き受けたからには母は協力します。

すぐさまピアノの先生に連絡して追加レッスンをお願いしました。

勉強?
大事ですよ。

幼い子どもが何年も、来たる日のために色々なことを我慢してやって来てるんだもの。

絶対にいい結果で終わってもらいたいと思う。
だから最低限のことは手を抜かない。

でも

前にも書いたけど

勉強だけでは得られないものを、ちゃんと子どもの内にも経験したり感じたりしてもらいたい。

クラス中がタンタンに任せたい、と言っているのに空気を読まず「引き受けない」などと言うような子になってなくてホントに良かった。

校内選考会で選ばれてみんなで喜ぶのもいい、逆に音楽会に出られずみんなで泣くのもいい。

大変なのはわかってる。

今日、駅で同じ塾に通う子のお母さんと話したけど、その子は全ての習い事を辞めたらしい。

みんなが本気。

しかし
不安になってる暇はなし。

やろう!
やるしかない!

受験勉強とピアノ。

6年のこの時期にあり得ない、とお思いの方!

タンタンはやりますよ!

1月2月、
絶対にいい報告をしてみせます!


中学校受験ランキング

↑今日は強い気持ちで応援よろしくお願いします!